建築士会大村支部30周年記念講演会及び記念式典

   大会テーマ「歴史と建築文化の再発見」
   サブテーマ
”長崎の教会群を世界遺産に”
    開催日:平成20年2月17日(日)
    場所:アルカディア大村・長崎空港観光ホテル


1.ごあいさつ
社団法人 長崎県建築士会大村支部  野田政人 支部長


 本日、建築士会大村支部「設立30周年記念式典・祝賀会」を開催するにあたり、ご案内を申し上げましたところ、大村市長様、長崎県議会議員の先生、諫早土木事務所建築課長様はじめ、関係各界のご来賓の皆様には、公私ともご多忙の中、多数のご臨席を賜り会員一同心より感謝しお礼を申し上げます。

 今年は「歴史と建築文化の再発見」を大会テーマに「長崎の教会群を世界遺産に」というスローガンを掲げ、長崎の教会群がユネスコの世界遺産として正式登録できるよう当支部でも微力ながら活動を行ない、地域活性化の役割と責務を促すと共に、建築文化の向上発展をより一層図りたいと考え準備を進めて参りました。
 先程、長崎の教会群を世界遺産にする会でご活躍中の、鉄川進講師による「世界遺産をめざす長崎の教会群」の記念講演をはじめ、大村史談会の稲富裕和様による「大村キリシタンと長崎教会群の関わりについて」のご講演をいただきお礼申し上げます。

 そして、昨年九州パッション大分大会において、長崎県代表として当支部青年部による「地域に根ざしたまちづくり」と題しまして地域実践活動報告をさせていただき、地域活性化に向けた建築文化の向上発展への熱い思いが皆様にもご理解いただけたものと確信いたしております。

 終わりに、この大会が盛大に開催できますのも、ご来賓の皆様、会員の皆様、賛助会員の皆様、そしてご協賛をいただいた皆様の、心温まるご指導とご協力をいただいたおかげと厚く感謝しお礼を申し上げます。
 又、記念講演の開催に対しまして、長崎県教育委員会、大村史教育委員会、大村商工会議所様など多くのご後援を賜り、重ねて厚くお礼申し上げます。
 今後共、当支部に対しましてご指導ご鞭撻の程をお願い致しまして、私のご挨拶とさせていただきます。

2.記念講演会(会場:アルカディア大村)
地域実践活動報告「地域に根ざしたまちづくり」
 (社)長崎県建築士会大村支部 青年部 澤田雅秀 会員

演題「大村キリシタンと長崎教会群の関わりについて」
 大村市観光振興課 課長 稲富裕和 氏

演題「世界遺産をめざす長崎の教会群」
 挙S川進一級建築士事務所 代表 工学博士 鉄川 進 氏

3.記念式典 来賓祝辞(会場:長崎空港観光ホテル)
大村市長 松本 崇 氏

長崎県諫早土木事務所 建築課 課長 田頭 清次郎 氏

(社)長崎県建築士会 松谷 蒼一郎 会長
 このページのトップへ
戻る